学級会ノートで良い意見探究 黒板掲示意識し協議の流れ確認

転校した友達が好きだった歌をビデオレターに入れて贈ってあげよう――。さいたま市立与野南小学校(野村晃校長、児童数235人)は、「よりよい人間関係を築く実践的態度の育成~互いの考えを生かした話し合い活動の工夫」を主題にした特別活動の公開研究会を10月23日、同市中央区の同校で開いた。よりよい人間関係を育むための話し合いの力に向けて、▽発表上の注意や既習記録などをつづる学級会ノートの工夫▽効果的な話し合いの流れを黒板掲示で可視化――などを意識した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。