協働学習のかたちは整うものの学びの質に課題あり

グループ学習など、協働学習のかたちは整ってきているものの学びの質に課題あり――。ことばと学びをひらく会(会長・髙木まさき横浜国立大学教授)は、先ごろ、東京・港区の慶應義塾大学で第9回研究大会を開いた。テーマは「子どもが考えたくなる授業づくり―国語科におけるアクティブ・ラーニング」。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。