ICT教育40周年研究大会で発表 茨城県つくば市の小中一貫校

 「私たちは、学校生活が楽しいし、学校に誇りを持っています」――。そう語りかけたのは、茨城県つくば市立春日学園の児童生徒。同学園は、小中一貫校。上級生と下級生が協力して運動会などの行事を運営する姿を、電子黒板を使って大勢の参集者に語りかけた。この発表が行われたのは、つくば国際会議場。同市の、ICT教育に取り組んで40周年を記念してこのほど開催された「21世紀の学びを変えるICTを活用した小中一貫教育研究大会」の全体会で。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。