【連載】特別支援教育の根本 1 誰でも環境により“障害者”

平成19年4月1日から、幼・小・中・高校、中等教育学校および特別支援学校で、学校教育法の改正による特別支援教育が実施された。それ以前は、障害のある児童生徒の学校教育は、一人ひとりの障害の種類と程度等に応じて、盲、聾、養護学校や小・中学校の特殊学級等で教育することになっていた。しかし、特殊教育の対象の児童生徒が増加、障害の状態の多様化、重度・重複化等になるとともに、知的な遅れのない発達障害児(者)が、幼・小・中・高校に多く在籍している現状に対応すべく、特別な教育支援を全ての学校で実施することになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。