【連載】特別支援教育の根本 4 法的定義を明確にしておく

引き続き、通級による指導対象の障害について考えたい。  通級による指導は、小・中学校の通常学級に在籍している軽度の障害のある児童生徒に、通常の学級での各教科等の指導を行いながら、障害に応じた特別の指導を特別の場で行う特別支援教育の一つの形態である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。