【連載】子どもの自立を育む学級経営 第1回 子どもたちに考えさせる指導を

教師は普段、子どもに指示を出す機会が多くあります。指示が的確なほど、子どもたちは望ましい行動をとることができます。集団を率いるときも同じで、指示が的確なほど集団としてまとまった動きをつくり出すことができるでしょう。しかし、実はここに落とし穴があります。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。