【連載】古川流学級経営12の鉄則 その2 情報を徹底活用

一切先入観を持たずに子どもたちを迎えるという考え方がありますが、一昔前ならまだしも、現状では私は反対です。前回も書きましたが、今や教壇に無防備で立ってはいけません。しっかりと情報を収集しておきます。そのために、(1)児童調査票(2)指導要録(3)前担任からの引き継ぎ資料――のリストを活用します。今からでも、決して遅くはありません。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。