【連載】魅力ある教師となるために 第2回 自分の世界を広げるために

前回にひき続きボーイスカウトの話題だが、今回は子どものことではなく、私自身の話。3人の息子たちをボーイスカウトに入れたまではよかったが、私もリーダーをやるハメになってしまった。もっとも、中学生のころからリュックとテントを背負って遺跡を探し回っていたので、野外生活には慣れっこだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。