【連載】これからの生徒指導と学級経営 2 尊敬される教師になる知恵

私は若いときに先輩教師から、「最初が肝心」「なめられたら終わり」などと教えられました。そうするとついつい規律(特に校則)を守らせることに必死になります。しかし、このような教師は、ごく一部の生徒にしか尊敬されません。大半の生徒の心は離れていきます。尊敬されないと当然、指導はうまくいきません。教師というだけで無条件に尊敬される時代ではないのですから、順序や段階を踏まなければいけません。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。