【連載】子どもの自立を育む学級経営 第3回 前向きな気持ちを波及させる

昨年度荒れていた子が今年は頑張るようになったとします。すると、その荒れた子に追随していた子も自然と頑張るようになります。誰かが頑張るようになると、だんだんとそれが教室のムードとして浸透していき、やがて全体に波及するのです。このような「前向きな気持ちの波及効果」を教師は意識して最大限利用するべきです

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。