【連載】子どもの自立を育む学級経営 第4回 基盤になるのはどちらなのか

子どもを褒めて伸ばすことができれば、それに越したことはありません。子どもは褒めまくればよいのだ、といった教育論も見られます。しかし、子どもは時に悪いこともします。ルールやマナーを守らないこともあります。自分勝手に行動することだってあるでしょう。 

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。