【連載】温故知新の学びから考える 4 6年生参加で教育フォーラム

 「地域に根ざし豊かな人間性を育てる学校づくり」――昭和46年、小千谷小に着任した星野初太郎校長が打ち出した「谷小教育新構想」のスローガンである。これを具現化するため、昭和48年に「谷小教育を語り合う会」がスタートした。会は同校教職員だけでなく、保護者や地域の人々、転勤した教職員も参加し、授業参観をしながら教育について語り合う場として毎年行われる。平成21年に「谷小教育フォーラム」と名称が変わり、保護者や地域との連携を深める研修の場となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。