【連載】古川流学級経営12の鉄則 その6 考えないのも大事

さて、いくら万全の戦略で臨んでも、うまくいかないことがあるのは当然です。私も1年間、子どもたちと全くかみ合わない年がありました。やはり、うまくいかないときもあるのです。学級は人間対人間の生き物ですから。相性もあるでしょう。教師は真面目ですから、そんな状況になると悩むのです。あれこれと考えてしまうのです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。