【連載】これからの生徒指導と学級経営 6 指導の二重構図はなぜ生まれるか

第1回で「頭髪と服装」を中心とした校則指導を生徒指導の柱にしていては、多くの生徒の心をつかむことは、とてもできません、と話しました。その指導では「認められたい」という基本的欲求が満たされず、頭髪や服装違反という歪んだ形で欲求を満たすのです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。