【連載】子どもの自立を育む学級経営 第7回 教師自身の意識が重要になる

「最近、学級の雰囲気が沈んでいるな……」。そう思ったら、ひょっとすると教師自身が原因かもしれません。教師が明るく毎日を過ごしていると、学級の雰囲気も明るくなります。反対に1日中、教師がブスっとした顔をして、笑顔を見せることが少ないと学級の雰囲気も暗いものになってしまいます。教師の言動は学級の雰囲気をつくり出す元となっているのです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。