相互関係の希薄化を克服 地域協働でネットのルールを探る

次期学習指導要領を見据え、ICTを活用した教育実践や視点を協議するIMETSフォーラム2015が、さきごろ東京都港区立三田中学校で開催された。「デジタル時代における子どもと教師の学び」を主題に、ワークショップ「子どもたち自身が創っていく情報モラル」などを実施。「今日求められる生徒指導の実践力とは~ネオデジタルネーティブ世代への理解と支援」と題して報告した近藤昭一玉川大学大学院准教授は、ネット依存の要因でもある対人的な「相互関係の希薄化」の克服なども視野に入れた、地域ぐるみの生徒指導の在り方などを提示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。