【連載】子どもの自立を育む学級経営 第8回 「半分見守る」段階を意識

「あとは任せたよ」「まずは自分でやってごらん」「みんなはどう考えるの?」――。このような声掛けを学級の子どもたちにしているでしょうか。これらの言葉には意味があります。そして、それぞれ意味が異なっているのです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。