【連載】脳科学から手書き・書道の意義を考える 第7回 筆記具を正しく持つのが重要

「ペンフィールドのマップ」と呼ばれています。カナダの脳外科医ペンフィールドが、体の各部と対応する運動野の位置関係を調べ、図にしたものです。この図によれば、繊細で機敏な運動をする筋肉を必要とする部分(手や口など)と関係する脳の部分の面積が広いことがわかります。逆に、胴や尻などは、体の面積は大きいのに、運動野に占める面積は少ないのです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。