【連載】教育のユニバーサルデザインにチャレンジ 19 教室環境のユニバーサルデザイン⑥ 役割の明確化

教室環境におけるUD、6つめの工夫としては、「役割の明確化」が挙げられます。その際には、子どもたちのテーマによってどういう視覚化をするかを検討・吟味することが必要です。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。