【連載】教師の“4ぢから”を高める 8 ケアする力② 心のピラミッド

学校心理学が示す「学校生活に苦戦している」子どものケアを行うには、その子どもがなぜ苦戦しているのか、その背景を理解しなければなりません。児童生徒理解やアセスメントが重要であるゆえんです。その際の大変有用な枠組みとして、早稲田大学の菅野純名誉教授が提唱する「心のピラミッド」(図)モデルがあります。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。