【連載】これからの生徒指導と学級経営 8 校則違反には“わけ”がある

校内暴力期の「服装の乱れは心の乱れ」という言葉は、生徒指導の現場で知らない教師はいない有名な言葉でした。今では〝伝説の名言〟になってしまいましたが、この言葉の意味はそのまま引き継がれ、今でも生徒指導の根幹になっています。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。