【連載】特別支援教育の根本 9 ノーマライゼーションへ

文科省初等中等教育局特別支援教育課「教育支援資料」(平成25年10月)の知的障害の説明は「一般に、同年齢の子供と比べて、『認知や言語などにかかわる知的機能』が著しく劣り、『他人との意思の交換、日常生活や社会生活、安全、仕事、余暇利用などについての適応能力』も不十分であるので、特別な支援や配慮が必要な状態とされている。また、その状態は、環境的、社会的条件で変わり得る可能性があるといわれている」。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。