【連載】教師の“4ぢから”を高める 9 ケアする力③不適切行動の背景

近年、アドラー心理学に注目が集まっているようです。アドラーの高弟であるドライカースは、「子どもが不適切な行動を起こすのには4つの目標がある」と考えました。しかし、その4つの目標は、実は所属欲求を満たす、居場所を確保するという大きな目的の手段でもあります。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。