【連載】志ある教師のために 悩み続ける青年教師の物語 8 きっかけはセミナーの帰り道

小玉修は当日の朝から、いえ前の日から予感はしていました。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。