【連載】温故知新の学びから考える 9 構成劇「学校の創生」に情熱

川岸で子どもたち4人が会話するシーンから、構成劇は始まる。「川岸に来たよ。ねえ、また、あの声を聞いてみない?」「そうね。そっと耳をすまして…」「私、何も聞こえない。風の音しか聞こえない」「僕も、川の音と風の音しか聞こえない」「ほら、目をつむって、ようく耳をすましてみて…」

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。