【連載】これからの生徒指導と学級経営 10 「わけ」は解決できなくていい

校則違反をはじめ生徒指導上の問題の背景には、子どもの家庭のあり様が深く関わっていると前回話しました。家庭の問題ですから、第三者の教師にはどうにもならないのがほとんどです。それでもこの「わけ」に取り組む必要があります。他人の心に土足で入るような取り組みをしてはいけません。教師側の一方的な価値観や考え方を押しつけたり、相手を否定したりするような言い方は厳禁です。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。