【連載】いつからいつまで特別支援 第10回 「LD問題の25年」~発達障がいのこれまで(その⑤)

前回までに、4回にわたり、平成に入って教育界の一大課題として浮上した「LD問題」について、当時の都教委のアクションをドキュメンタリーとして紹介してきました。

前回の最後に、「学習障害(LD)児の理解啓発の資料は翌平成8年12月にもNo.2を発行しましたが、その中で取りあげられた児童生徒の困難さとは、やがて課題として現実化する「AD/HD」や「高機能自閉症」の症状が大半を占めるといった状況になっていました」と結びました。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。