タブレット端末を駆使 工夫して分かりやすく伝える

東京都武蔵村山市立小中一貫校大南学園第七小学校で開催された教育ICTセミナーでは、同校の研究主題である「児童がすすんで授業に参画するための、タブレットを活用した授業の工夫」に沿って、全学年の取り組みが公開された。5年1組では押本絵里教諭が、体育科の保健領域の授業を展開。単元は「けがの防止」。児童らは、取材した画像を編集し、分かりやすく相手に伝える工夫をしていった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。