学習支援カードなどの手立てで 情報活用能力育む授業づくりを

日本教育工学協会(JAET)は、「子どもの能動的な学びを支える情報活用能力育成とICT活用」をテーマに、「教育の情報化」実践セミナー2016 in大阪を大阪教育大学天王寺キャンパスで開催した。小・中・高校の教員、教委、教育センター関係者、教員志望の大学生、大学院生を対象に実施。「教育の情報化」の実践動向を理解するとともに、その発展を支えるICT機器や教育システム、デジタルコンテンツの活用事例を共有した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。