動画機能で文章理解を一層促進 書き込み機能などで学び深める

デジタル教科書の動画機能などを生かして、説明文を読み取る力や要約力を高める――。東京都北区立滝野川第六小学校(南里洋子校長、児童数89人)の長嶋俊作教諭は、ICTを活用した授業を日々、熱心に研究している。2月15日に実施した4年生、国語の説明文の授業では、東京書籍のデジタル教科書を使った新たな実践の挑戦として、動画視聴やアンダーライン書き込み機能を駆使した展開に取り組んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。