【連載】若手教師講座 教材研究の達人を目指そう 第11回 算数 初級編3

課題で用いる数値には、その授業のねらいがあります。例えば、第3学年「かけ算の筆算」では、第1時は12×4といった繰り上がりの出ない数値を扱い、第2時は24×3といった繰り上がりの出る数値を扱います。繰り上がりのない筆算を授業でやりたい場合には、12×6のような数値を扱うことはありません。それは、繰り上がりが出てくるような数値を扱ってしまうと、授業のねらいである繰り上がりのない筆算の仕方に児童が着目できなくなることも考えられます。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。