【連載】幼小接続スタートカリキュラム 11 無償化や幼児主導で弊害も

これまで、子どもの主体的な遊びを通した学びとして立ち上げた「ヌリ課程」を中心に、近年の韓国の幼児教育を紹介してきました。

子どもの望ましい人間性を培うため「全人教育」を柱とした「ヌリ課程」は、教育の公正な機会を揃えることで、これまでの幼稚園とオリニジップにおける子どもの学びの格差を減らし、公教育の均等化を実現する画期的なものでした。また家庭の教育費の軽減を目指し、無償化教育を実践したのも大きな改革でした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。