【連載】学び合いで実現するアクティブ・ラーニング 第2回 しっかりとした定義が必要

上越教育大学教職大学院教授 西川純

 

同じ言葉を、違った意味で使っていると、混乱が生じます。だから、アクティブ・ラーニングをしっかりと定義しましょう。
これをお読みの方が知りたいのは、学校教育でのアクティブ・ラーニングだと思います。
そうだったら、国の明らかにした定義を最初に参照すべきです。

アクティブ・ラーニングという言葉の国の定義は、平成24年8月28日に発表された「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~(答申)」の用語集に書いてあり、次の通りです。

「教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である」

実際にアクティブ・ラーニングをする教師は、「どうやればいいの?」という疑問を持ちます。読んで分かるように、思いつけるだけの方法を羅列し、最後に「等」をつけ、ご丁寧に「総称」とまとめているのです。つまり、何でも「アリ」です。

しかし、よく読めば何でも「アリ」ではないのが分かります。「教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称」とあります。

そこで、一方向でないようにするために、子どもへの発問を多くし対話する授業がアクティブ・ラーニングだと誤解されている方もおられます。
たしかに一方向ではありません。しかし、教師が主導する対話であって、子どもは主体的ではありません。そして、多くの子どもは、その会話を一方向的に聞いているのです。
従って、教師にとってはアクティブ・ラーニングかもしれませんが、子どもにとってはアクティブ・ラーニングではないのです。

先の定義の中で最もコアの部分は、「認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る」の部分です。
従来の教育では知・徳・体を分けて教えていました。しかし、アクティブ・ラーニングはそれらを含めた汎用的能力を育成しなければならないのです。教科学習で知を教え、道徳で徳を教え、子どもの中でそれが汎用的能力に成長するのを任せるのは無責任です。

例えば、ある数学の授業がアクティブ・ラーニングになっているか否かを判断する方法は、授業の最後に「今の授業での君らの行動は人間的に正しいだろうか?」と問える授業なのです。つまり、革命的に今の授業と違います。
詳しくは『アクティブ・ラーニング入門』『サバイバル・アクティブ・ラーニング入門』(明治図書出版)をご参照ください。

関連記事