【連載】学び合いで実現するアクティブ・ラーニング 第2回 しっかりとした定義が必要

同じ言葉を、違った意味で使っていると、混乱が生じます。だから、アクティブ・ラーニングをしっかりと定義しましょう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。