【連載】若手教師講座 授業づくり・学校づくり 第1回 授業づくり・学級づくりの基礎基本①

先輩からグループ学習を取り入れると授業が活発になり、子ども同士の考えが深まると指導を受けました。また、最近、研修会に参加すると「アクティブ・ラーニング」といって、児童同士が、主体的に関わり協働的な学びを進めることが大切だと学びました。さっそくアクティブ・ラーニングを意識した授業を試みました。その手立ての一つとして、グループ学習を取り入れましたが、思い描いていた関わり合いには程遠い場面が出てきました。先日、職員室でグループ学習について次のようなことが話題になりました。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。