【連載】今なぜ?ピア・サポートか 6 トレーニング(3)アサーション

前回は、話し手の事実や気持ちについて、「良い聞き方」や「くり返し」の技法を使いながら、相互理解を深めるために傾聴訓練を行いました。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。