【連載】こころ元気エクササイズ 若手教師編 第64回 自分の素晴らしさを見つける

メンタルトレーナー 加藤史子

 

バリュープロポジションで新価値

皆さんは、自分の素晴らしい個性を自覚できているでしょうか。皆さんの目の前にいる子どもたちは、自分自身の素晴らしい個性を自覚しているでしょうか。

何が自分の素晴らしい個性なのか分からない方は、バリュープロポジションという視点を持つと、自分の素晴らしさを見つけていくことができますよ。夏休みには、移り行く未来に何が必要なのかを考えながら、自分の強みを見つけてみませんか。

バリュープロポジションとは、市場を3つの円(ニーズ、自分、ライバル)で表現したとき、自分とニーズとの円の重なりで、ライバルは入ってこない領域のことをいいます。

ライバルがそれはできないと思っている領域に、自分ならこんな知恵、スキル、覚悟があるからこんな素晴らしいことが提供できるというものです。

これは個人でも見つけることができますし、クラスや学校など組織でも見つけることができます。これを意識すると自分たちの価値を明確にできるようになります。

▽Step1=自分や自分たちの強みを考えてみよう

▽自分(たち)が圧倒的に支持を得ているものは何か▽自分(たち)のオリジナリティは何か▽自分(たち)にしか提供できないことは何か▽自分(たち)の優位性は何か

▽Step2=今の世の中や、誰が何に困っているのかを考えてみましょう

例えば、今困っている人は誰ですか。今、必要だけどないものは何ですか。

▽Step3=何が必要になってきますか

例えば、困っている人たちを助けるためにどのようなサポートや仕組みがあると助かりますか。

▽Step4=未来を予測してみよう

例えば、人口の変動やそれに伴う地域の変化、テクノロジーの進化とそれに伴う社会の変化、世界の変化などを自由に予測してみよう。

▽Step5=未来に何が必要になっていくかを予測してみよう

アイデアを10個出せるようになると、大事なときにあてにされる人材になりますから、この考え方を使ってアイデアを出す練習をしていくのもいいかもしれません。バリュープロポジションを活用して、この夏は世の中に何が必要なのか、自分の強みや素晴らしさを発見する夏にしませんか。

あなたへのお薦め

 
特集