【連載】新聞学習とアクティブ・ラーニング 5 実践校になるためには

前回に引き続き、実践事例を紹介する予定でしたが、その前に、NIEの実践校になるためにはどのようにしたらよいかについて、東京都の事例を参考にまとめておきます。

実践校になると、一定期間、新聞が無料でもらえます。東京都の場合、国公私立の小・中・高校から各5~6校、特別支援学校の中から1校が、毎年、実践校に認定されています。実践の形式にはA型とB型があり、A型は1、2人の教師による実践、B型は3人以上の教師、学年、学校全体による実践です。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。