ユニバーサルデザインで授業を改善 東三鷹学園が小中一貫教育の研究会

UD(ユニバーサルデザイン)の視点を取り入れた授業づくりと工夫で10月21日、研究発表会が東京都三鷹市の東三鷹学園の同市立第六中学校(郡吉範校長、生徒数543人)で行われた。「学力、人間力、社会力を育む小中一貫教育」を主題に、同学園を形成する市立の第一と北野の両小学校も実践を公開した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。