【連載】いつからいつまで特別支援 第18回「個別指導計画」誕生秘話(その⑧)

平成9年2月に刊行した「Q&A」ですが、実は、対象を当時の盲学校、ろう学校、肢体不自由養護学校については、重複障がい児に限定しています。知的障がいを伴わない子供たちはこの対象にしていないわけです。それは、普通教育で検定教科書を使い学年に準拠した学習をしている子供たちの個別指導計画を、私たちが提案するということは、普通小学校、普通中学校の教科カリキュラムを個別化すべき、ということを言うに等しいために、そこまでは言及する勇気がなかったということです。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。