【連載】どうする 学校のプログラミング教育 7 大きく動いた今年を振り返る

今年を振り返ってみると、プログラミング教育の取り組みが大きく前進した年であった。社会の出来事としても、グーグルの人工知能「アルファ碁(AlphaGo)」がプロの棋士に勝ったり、東大がIBMの人工知能型システム「Watson(ワトソン)」を用いて白血病患者の遺伝子解析に成功したりするなど、テクノロジーの進化を伝えるニュースが増えた。人工知能が人間の知能を超えるのはまだ当分先だと言われていたが、予想以上に私たちの生活の中に早く普及するかもしれない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。