【連載】アクティブ・ラーニングとICT活用 ⑥ 授業支援システムの必然性

この1月に行われたセンター試験では、図や写真、グラフを使って思考力や読解力を問う問題が数多く出題された。「日本史A」では水木しげるの妖怪やアニメ妖怪ウォッチの漫画・アニメの図版とその当時の経済動向を関連させて問う問題が話題となり、ニュースでも大きく取り上げられた。単なる教科書の知識を問うのではなく、最新の情報を含めてICTを活用した情報活用能力(情報活用の実践力・情報の科学的な理解・情報社会に参画する態度)の育成が、日々の授業でますます求められている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。