【連載】新・探偵がみた学校といじめ 実態を把握するために 第5回 情報に段階を付け調査報告慎重に

いま起きていることや直前の出来事については容易に正確に答えられる。だが、1年前のこの時間、何をしていたか、何を見たか、記憶があやふやになる。あまり過去のことを調べるのは探偵にとっても難易度が高い。調査のタイミングと密接に関係するが、本格的な調査をするには、ポイントを定めるためにも事前の情報が不可欠。人の記憶とは、他の影響を受けやすく、物事の解釈は特にそうだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。