【連載】学校の「あたりまえ」を考え直す 2 生きるコスモロジーを知る

学校で味わう理不尽さや残酷さは、「あたりまえ」の生活習慣に根ざしているためはっきり意識しづらいが、遠い距離から眺めるとその奇怪な姿が見えてくる。
その際、人々が生きるコスモロジー(「わたしたち」を包み込む膜)を知ることが重要になる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。