【連載】「深い対話」のある授業づくり 第5回 教師の見取り②コメント力

座席表型一覧表を使って「深い対話」のデザインをした後は、具体的なコメントを準備する。特に小学校では、言葉の選び方1つで児童の理解度や学習意欲が大きく変わってしまう。本校では指導案上に「予想される深い対話」と「教師のコメント」の欄を設け、具体的な会話文で記載することで、対話が浅いまま終わらないように心がけている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。