【連載】「深い対話」のある授業づくり 第6回 日常のスキルトレーニング

「深い対話」に迫るために、これまでは教師側の授業準備について述べてきたが、子供たちの対話スキルを日常的にレベルアップさせていくことがとても大切である。どんなに素晴らしい意見をもっていても、か細い声で話したら聞こえないし、一生懸命話しても、聞き手の態度に問題があれば対話は成立しない。そこで、本校では教科・領域の中で対話を取り入れるとともに、次のようなことを日常的に指導している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。