【連載】特活脳で深い学び 第2回 いじめの起きない学校づくり

どこの学校でも、異年齢交流活動は行われている。その活動で子供たちは何を学んでいるのか。それは役割を担う価値である。各学年の発達段階に応じて、自分のできること、期待されていることが異なる。それぞれの子供が自分の役割をきちんと果たすと、「たてわり班」は機能する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。