【連載】特別支援教育の根本 24 個別の支援指導計画

総務省が今年1月20日に報道発表した「発達障害者支援に関する行政評価・監視結果に基づく勧告」の中で「文部科学省及び厚生労働省は、発達障害児に対する適切な支援、指導が行われるようにする観点から、保育所及び学校において、一律の基準によって支援計画及び指導計画の作成対象を限定するのではなく、個々の児童生徒の特性や状態を踏まえて、支援が必要な児童生徒に対して着実に作成されるよう、作成対象とすべき児童生徒についての考えを示すこと」と所見で述べている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。