【連載】子供の心を豊かに 自己肯定感を問う 第6回 子供を人間として見る

前回、自己肯定感は原初的には発達初期に身に付くもので、そこでうまく身に付けることができなかった人は、その後の相対的自己肯定感を高めるために、他人の評価を気にして、人に「認めてほしい」等を求める生き方になりがち、という説を紹介した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。