音読生かし読み深める 愛知県設楽町立田口小学校

本校(愛知県設楽町立田口小学校、氏原周次校長、児童数57人)は、児童が気持ちと表現力を結集して創り上げる群読を、約20年間受け継いで行っている。群読で培ってきた子供たちの表現力に、さらなる磨きをかけたい。国語科の物語文を中心として、音読を生かしながら、共に読みを深める中で、「思いを伝え合い、自ら学び続ける子供」を育みたい。その思いで、研究に取り組んでいる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。