教育ビッグデータで描く未来(6)データ分析の目的を見据える

教育ビッグデータを活用するには、データを収集する必要があります。LRS(Learning Record Store)という教育ビッグデータの一元管理システムを導入するのが合理的ですが、実際の現場では、eラーニングシステムや成績管理/出欠管理システムの履歴をそれぞれCSV形式で出力したものを結合して利用する場合もあります。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。